English
日本語

 

ドキュメンタリー動画


   

The Benzodiazepine Medical Disaster

   



This documentary tells the hidden story of how benzodiazepines can both main and kill. The serious crippling physical side effects of these drugs can last for years after the medication is stopped, possibly permanently. Renowned expert Professor Heather Ashton compares the tragedy affecting many people worldwide to the Thalidomide scandal.


ページトップに戻る

サンデーナイト(豪州)

 

ソラナックス、コンスタン(アルプラゾラム) ヘロインより中毒性が強い

 


 

放送局: セブン・ネットワーク(オーストラリア)

ニュース番組: サンデーナイト

放送日: 2012年7月15日

レポーター: Tanveer Ahmed

プロデューサー: Alex Hodgkinson

概要:

Said to be more addictive than cocaine, Xanax (type of benzodiazepine) is the anti-anxiety drug in the medicine cabinet of millions of Australian homes.

Many feel it is being over prescribed here by inexperienced doctors unaware of the drug's dark side.


ページトップに戻る

KCTS 9 ドキュメンタリー(米国)

 

薬物乱用に繋がる処方薬(2012年)

 


 

放送局: KCTS-TV(米国)

ニュース番組: KCTS9ドキュメンタリー

放送日: 2012年1月30日

レポーター: Carol Smith

プロデューサー: Ethan Morris

概要:

KCTS 9 and InvestigateWest report on the alarming increase in prescription-drug abuse in Washington state, looking at doctors who overprescribe, the lack of regulation or treatment options, and how this epidemic is affecting teenagers, seniors and middle-class families.


ページトップに戻る

フォックス・ニュース(米国)

 

Everything is a Disorder?

 


 

放送局: フォックス・ニュース(米国)

ニュース番組: フォックス・ニュース

放送日: ?

レポーター: ?

ゲスト: キース・アブロ医師(Fox News Medical A-Team)

プロデューサー: ?

概要:

This news clip further shows how experts are concerned about over-diagnosing and overprescribing in the present medical world.

ゲストのプロフィル:

Keith Ablow, MD is one of America’s leading psychiatrists. He is also one of the nation’s most well-known expert witnesses in legal cases involving psychiatric issues.

He is an assistant clinical professor at Tufts University School of Medicine and is board certified in adult, adolescent and forensic psychiatry by the American Board of Psychiatry & Neurology.

Dr. Ablow is an award-winning New York Times and USA Today bestselling author of numerous books on developing self-esteem, building success and overcoming depression, anxiety disorders and other psychological challenges.

He is the Fox News expert on psychiatry, a sought-after speaker and a contributing editor at Good Housekeeping.


ページトップに戻る

レートライン(豪州)

 

正常な行動は精神病として診断?
製薬企業の影響に圧倒されている?

Dr. Allen Frances (Former Chair of the DSM-IV Task Force)


動画のリンクはこちら

オストラリア放送協会のドキュメンタリー(レートライン)

 

放送局: オーストラリア放送協会

ニュース番組: レートライン

放送日: 2013年5月20日

レポーター: Emma Alberici

ゲスト: アレンフランシス医師 (Chair of the DSM-IV Task Force)

プロデューサー:

概要:

Dr. Allen Frances, who supervised the fourth edition of the American Diagnostic and Statistical Manual of mental disorders (DSM 4), nineteen years ago, discusses the latest edition (DSM 5) which he says turns normal behaviour into mental illness.

ゲストのプロフィル:

Allen Frances, M.D., was chair of the DSM-IV Task Force and of the department of psychiatry at Duke University School of Medicine, Durham, NC. He is currently professor emeritus at Duke University.

He is author of Saving Normal: An Insider's Revolt Against Out-of-Control Psychiatric Diagnosis, DSM-5, Big Pharma, and the Medicalization of Ordinary Life (New York: William Morrow; 2013) and Essentials of Psychiatric Diagnosis (New York: Guilford Press; 2013).


ページトップに戻る

Behind The Orange Curtain (米国)

 

Behind The Orange Curtain(映画の予告編)

 


 

About:

This award winning documentary delves into the PRESCRIPTION drug epidemic plaguing America. 1 life every 19 minutes is lost.

Description:

Behind the Orange Curtain is a documentary that examines prescription drug abuse issues in Orange County and across the country. No one is exempt. It doesn't matter if you live on Park Avenue or the park bench. One life is lost every 19 minutes to a prescription overdose in America. Big Pharma is making billions and our young men and women are addicted to prescription drugs and moving to heroin because it's cheaper and produces the same high. This documentary features DEA, parents, addiction specialists, coroner and teens all of whom have been affected. This film is a wake-up call and call to action. Watch for free on HULU.com

Plot outline:

Who is to blame? Doctors? Pharmaceutical Companies? Parents? Or Our Society? We will ask the hard questions and help educate parents and kids.


ページトップに戻る

「処方のとおり」公開フィルム

   



Work-in-Progress trailer for AS PRESCRIBED, a feature documentary exposing the human devastation caused by benzodiazepines.


ページトップに戻る

「処方薬世代からの手紙」公開フィルム

   



Decades after they were sold as "safe and effective" medicines, millions who were prescribed antidepressant, antipsychotic and other psychiatric drugs discovered their hidden perils. "Letters from Generation Rx” represents the stories of thousands of real people who experienced firsthand how the cavalier use of these powerful psychotropics created a new class of disability—and an avalanche of other devastating consequences. Directed by Kevin P. Miller and Narrated by Academy Award winner Tilda Swinton.


ページトップに戻る

マサチューセッツ州ベンゾジアゼピン法案H4062の審理

   



ページトップに戻る

Benzodiazepines - ITV Calendar News

   



ページトップに戻る

Lord Patel Interview - ITV Calendar News

   



ページトップに戻る

 

 

注 記

1988年、英国医薬品安全委員会は「ベンゾジアゼピンは抑うつあるいは抑うつに関係する不安の治療に単独で用いるべきではない。そのような患者においては自殺を引き起こすことがある」という勧告を出しました。

抑うつ症状は、ベンゾジアゼピン長期服用中にも、離脱中にも発症するよくある症状です。他の精神・身体症状が入り混じって患者を悩ませることを考慮すると、彼らが抑うつ状態になることは驚くべきことではありません。時にこの抑うつは、精神科的専門用語を用いると、“大うつ病性障害”に相当するほど重篤なものになります。この障害には自殺リスクもあります。

ベンゾジアゼピン離脱に関する複数の臨床試験で自殺が起きたことが報告されています。

(出典:アシュトンマニュアル


Share on FacebookTweet


シェアをして皆で注意喚起しよう



Share on FacebookTweet

日本語訳について

このサイトの主要言語は英語です。裁判で使用された日本語の原文を除き、日本語はすべて翻訳となっています。

その翻訳は私自身を含む複数の人によって手がけられました。従って、品質やスタイルなどに違いが見られます。

私の母国語は日本語ではありませんので何卒ご理解いただきたくお願い致します。その結果として、日本語が不自然に響く箇所があるかと思いますが、どうぞご了承ください。

アンドルー・バーン

「ベンゾジアゼピンを飲むと災難がやって来る。」

アンドルー・バーン医師
オーストラリア, NSW, レッドファーン
ベンゾジアゼピン依存 (1997)

ジョン・マースデン

「もし何かの薬を飲み続け、それが長い長い災難をもたらし、あなたからアイデンティティをまさに奪い去ろうとしているのなら、その薬はベンゾジアゼピンに違いない。」

ジョン・マースデン医師
ロンドン大学精神医学研究所
2007年11月1日

フィリップ・ウーラス

「我々の社会において、ベンゾは他の何よりも、苦痛を増し、より不幸にし、より多くの損害をもたらす。」

フィリップ・ウーラス下院議員
英国下院副議長
オールダムクロニクルOldham Chronicle (2004年2月12日)

ヴァーノン・コールマン

「ベンゾジアゼピン系薬剤はおそらく、これまでで最も中毒性の高い薬物であろう。これらの薬を大量に処方してきた途方もなく大勢の熱狂的な医師達が、世界最大の薬物中毒問題を引き起こしてきたのだ。」

ヴァーノン・コールマン医師

薬という神話 (1992)

デイヴィッド・ブランケット

ブランケット下院議員、ベンゾジアゼピンについて語る。

「これは国家的スキャンダルである!」

デイヴィッド・ブランケット(英国下院議員)
1994年2月24日

ジェレミー・ローランス

「薬があれば、製薬会社はそれを使える病気を見つける。」

ジェレミー・ローランス (ジャーナリスト)
インディペンデント紙 (2002年4月17日)

マーシャ・エンジェル

「製薬会社に対して、彼らの製造する薬について公正な評価を期待することは、ビール会社にアルコール依存に関する教えを期待するのと同じようなものである。」

マーシャ・エンジェル医師
医学専門誌"New England Journal of Medicine"元編集長

マルコム・レイダー

「ベンゾジアゼピンから離脱させることは、ヘロインから離脱させるよりも困難である。」

マルコム・レイダー教授
ロンドン大学精神医学研究所
BBC Radio 4, Face The Facts
1999年3月16日

ヘザー・アシュトン

「長期服用者のうち15%の人たちに、離脱症状が数ヶ月あるいは数年持続することがある。中には、慢性使用の結果、長期に及ぶ障害が引き起こされる場合もあり、これは永続的な障害である可能性がある。」

ヘザー・アシュトン教授
医学博士、名誉教授
Good Housekeeping (2003年)

スティーヴィー・ニックス

「クロノピン(クロナゼパム)とは恐ろしい、危険なドラッグだ。」

スティーヴィー・ニックス(歌手)

ポール・ボーテン

この気の毒な問題に取り組む全ての関係者は、トランキライザー被害者の為に正義を提供するよう努めるべきである。

ポール・ボーテン(英国下院議員), 1994年

マーシン・スライズ

'benzo.org.uk'というサイトは実に素晴らしい。」

マーシン・スライズ
ロシュ社ポーランド 製品マネージャー

裁きは公正ですか?

このセクションでは、私が闘った日本の裁判についてお話します。特にそこで現れた、明らかに不当な処置と思われる事例のかずかずを紹介します。これらの事例をわかりやすくお伝えするために、「東京高等裁判所の判決」と「中毒治療科の報告書」への参照箇所(リンク)がいくつか出てくるので是非ご参考ください。また、「中毒治療科報告書」は、一貫して、法的証拠およびDSM-IV-TRの依存症診断基準に基づいて書かれていることにもご留意ください。

このセクションを読む

当サイトには報復的な目的は一切ありません。また、プライバシー保護のため、当サイトに掲載される公的資料からは、被告人またはその他関係者の名前は削除されています。
©2012 Benzo Case Japan Programming by Butter

ご支援くださった方々にお礼を申し上げます。お陰様で、「世界ベンゾ注意喚起の日」を含め、 様々な注意喚起活動 を維持することができております。今後ともどうぞよろしくお願いします。お振込みによるご寄付の場合は、こちらをクリックして口座番号をご確認下さい